よくある質問 Q&A

記帳代行サービスの範囲はどこからどこまでですか?
お客様から、領収書・通帳のコピー・請求書等及び使途が書かれたメモ書きを送付して頂き、 試算表(貸借対照表・損益計算書)までを作成し提供するまでがサービスの範囲内です。

1 領収書・請求書等のファイリング
2 会計ソフトへの入力
3 月次試算表の作成(貸借対照表・損益計算書)
4 総勘定元帳の作成


個人事業主様の場合の確定申告業務及び法人企業様の決算業務に関しましては、 母体の会計事務所(京都税理士法人)が行います。
会計資料の受け渡し方法はどうするのですか?
郵送、宅急便で送付して頂くことになります。ビーアンドエフ会計では、少しでも安い料金でサービスを提供させていただくことをモットーとしております。そのため、極力人件費を抑えており、お客様のもとへ訪問するのは必要時だけとさせていただいております。

ご送付いただいた書類や資料で不足している分やご不明な部分等はEメールや電話・FAXでご連絡させていただきますので、ご安心ください。
会計資料の送料負担はどうなりますか?
お客様から送って頂く場合はお客様負担、当社から送付する際は当社負担とします。
経理に関する相談や質問は受け付けてもらえるのですか?
日常の経理処理・会計処理に関してはTEL、FAX、メールにて対応しております。
ただし、節税等を含む税務等に関するご相談は母体の会計事務所(京都税理士法人)において対応させていただきます。
月々の料金の支払はどのような方法で行うのですか?
(お振込の場合)
毎月20日で締めて月末までにご請求書をご送付させていただき、翌月20日までに指定の金融機関にお振込ください。

自動費引落の場合)
毎月20日で締めて月末までにご請求書をご送付させていただき、翌月12日に金融機関より自動引落させていただきます。
遠方なのですが、サービスを受けることは出来ますか?
郵送で対応できますので全国どこでも大丈夫です。

会計や財務に特化したスタッフが、事業主様を全面的に手厚くサポートいたします!まずはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

  • 経理事務から確定申告まで手厚くサポート!お問い合わせはこちら
  • 確定申告について
  • サービス内容について
  • お申し込みの流れ
  • よくある質問

▲ページTOPへ